美味しいダイニングのためのインテリアコーディネート色使いのルール

一昨日のブログでは、 内装などのカラーリングのことで、 ダイニングは暖色がおすすめ というお話を いたしました。
暖色ダイニングはお料理を美味しく見せて、 食欲増進効果もあり、 美味しく食べれば栄養も効率的にとれて免疫力UP!
そしてそれは、 健康寿命を延ばすインテリアコーディネートに 繋がります(^o^)
その美味しく食べれる暖色ダイニングづくりのために、 忘れてはいけない重要ポイントがあります。
それは照明の光の色のこと。
その暖色をきれいにみせて、 お料理をより美味しく見せる効果  ↓ 食欲増進効果、 とするには、 やっぱり光も暖色がいいです。 ぜひ、温かみのある色の光で照らしましょう!
温かみのある色の光(電球色)の照明が 以前からみるとずいぶん増えた気がしますが、 それでも、 世の中の半分以上の住宅では 白っぽい色の光のダイニングに なっている気がします。
目に見える物の色は 照らす光の色で ものすごく違ってみえるものなのです。
お料理の見え方も 一緒に食卓を囲む人の顔色の見え方も、 すごーく違いますよ。
ぜひ、 温かい色の光で、 お腹の中も、 ハートの中も満たされる食事を 召し上がっていただきたく思います。
(画像出典:コイズミ照明 あかり専科) 【概要】美味しく食べるダイニングのインテリアコーディネートには、色使いのルールとそれを助けるポイントがあります。