和のインテリアコーディネートの「侘びさび」って何?

日本的美意識を表す言葉に「侘びさび」があります。 和のインテリアコーディネートの お打合せやプレゼンテーションの中でも、たびたび使われます。
そういうなじみのある言葉ではありますが、 もし意味を聞かれたら、 「う〜ん・・・」と、うなってしまいそうな、 別の言葉で言い表すのがとても難しい言葉ではありませんか?
先日ある本を読んでいて、 とてもわかり易く、納得できる言葉で表現されていました。
《侘びとは、  人間の力の限度を極端に自覚した心境である。  つつましくも、奢らぬ、しおらしき心の世界である。》
利休の高弟である山上宗二という人の言葉だそうです。
これを読んで、 「あー、そうそう、ぴったり!」 って思いました。
ここで言っている人間の力の限界を自覚させるものというのは、 自然だと思います。間違いないです。
自然に及ばないことを知り、自然と共に暮らす、 これが和の家、和の暮らしです。
私の和のインテリアコーディネートも いつもそういう気持ちで取り組んでいます(^o^)
写真は 去年訪れた京都嵐山の大河内山荘庭園。 自然をそのまま生かしたような庭園がすてきでした。 【概要】和のインテリアコーディネートでもよく使われる言葉「侘びさび」。 その意味は?と聞かれると・・・「う〜ん・・・」と、うなってしまいますね。