ずっと大事にしたい 和のインテリアコーディネートのルール

日本の家の玄関は 土間があってそこで靴を脱いで一段高くなっている床に上がります。
私たちには当たり前ですけれど、 同じ様式の国はちょっと思いつかないくらい世界の中で少数派です。
家の中が清潔に保てるすごく良い習慣なので、 今後、日本の生活習慣がどんな風に変わっても 玄関のこの様式だけは変わらないだろうな・・・と思います。
清潔と言うことの他にも 玄関に段があるということには 大事な役割・意味があると思うのです。
それは境界です。
ここから先は許可を得た人のみが入れる境界。 だから、 「どうぞ、おあがり下さい。」と言うことも言われることも特別で、 ありがたいこと。
玄関の段差はそれを教えてくれていると思います。
大事にしたい和の住まいのルール、 和のインテリアコーディネートのルールではないでしょうか(^o^) 【概要】日本の住宅の玄関には段があって靴を脱いで床にあがります。 これは室内を清潔に保つ他にもとても大事な意味があると思います。 ずっと大事にしたい和の暮らし方のルール、和のインテリアコーディネートのルールです。