快眠環境インテリアコーディネート 色づかいのルール

6月に入って蒸し暑くなってきましたね。 コロナウィルスとの戦いはまだ続きますし、 よく眠って、 体力・免疫力をUPしておきましょう! 健康寿命も延びます!
上質な睡眠環境にするために、 寝室のカラーリングはとても大事です。
見て心が喜ぶような心地よいバランスの 配色にいたしましょう!
眠ってしまえば何も見えないし、 何でもいいのでは・・・・? と思う人もいらっしゃるかもしれませんが そうでもないのですよ。
色は波長なので、 見えていなくても感じているものだそうですし、 (赤と青では体感温度が2度差が出るそうです。)
それに、 眠る前にお部屋の中の色、 どうしたって目に入りますよね。
眠る直前に目に入るものが美しいと 気持ちよく眠れて、いい夢見られて、 気持ちよく目覚められそうですよね(*^^)
どんな色がいいかというと、 安心感、幸福感のある色がいいですね。
一般的には、 鮮やかすぎない 赤系、オレンジ系、ピンク系などが 守られている感、安心感、幸福感のある色と いわれています。
でも、 色にまつわる感覚は ひとそれぞれなものですので、 それらの色にとらわれ過ぎなくていいと思います。 季節的なものもありますよね。
ただし、 全体の配色バランスは気を付けていただいて、 ふんわりまとまって、 守られているような、安心できるような・・・ そんな色環境を心がけて下さいませ^^
ご質問があればお気軽に〜(^o^)
今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントいたしております!
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。
お問合せお待ちしております(^O^)/ 【概要】眠りと色づかいのルールを知って上質な睡眠環境をつくるインテリアコーディネートに役立てましょう!