季節の色使いでセンスアップするインテリアコーディネート!

梅雨に入りました。 蒸し暑くなってくるからなのか、 水のイメージの季節だからなのか・・・ この季節になると、 青〜紫の涼し気な色が心地よく感じてきます。
そんな色のひとつ、杜若色(カキツバタイロ)は、 5-6月に咲くアヤメ科の花、 青みの強い紫色です。
カキツバタという名前は、 「書きつけ花」が転じたものらしいです。
昔は、この花の汁をインク代わりに 手紙を書いたり、 手紙の紙を染めたりしていたようです。
昔の人は、 時間をかけて手紙を書いていたのですね。
現代のメールの便利さも素晴らしく、 今更これがなくなったら、 ものすごく困るのですが、
花の汁のインクで手紙を書くとか・・・ そういうのも、憧れますね(*^。^*) 時間がかかる分、心もこもっていそうです。
インテリアカラーとしての杜若色は、 存在感の強い色なので、 花とか、花器とか、 テーブルウエアとか・・・ ポイントカラーですね。
抑えた色の中に、 ポンとあると、ステキになりそうです*^^)
写真は 通勤途中でみつけたきれいな風景。 杜若・アヤメ・花菖蒲はとても似ていますね。 調べてみたら、これは花菖蒲のようです^^
建物の外観やインテリアのカラーリングについて 個別のご相談も承っておりますので ご質問があればお気軽に〜(^o^)
在宅リモートで 飲み会があったり、打合せがあったりするこの頃、 カメラに映る背景を素敵にして 「センスがいいね!」って褒められましょう!
今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントいたしております!
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。
お問合せお待ちしております(^O^)/ 【概要】季節の花の色を意識したインテリアコーディネートはとてもお洒落で粋! 色使いのルールを心得てセンスのいい部屋づくりいたしましょう。