withコロナ時代のお家時間を快適にするインテリアコーディネートのルール

先日テレビをみていて、 興味をひかれる話題がありました。
現代の比較的新しい住宅は、 家族が一日中家で一緒に過ごさないことを 前提にしてつくられていることが多いというお話です。
日中は学校や職場などに出かけていて、 家に居ない。 家にいる時間が短い、
そういう前提なので、 家に居る時ぐらいは一緒に居よう、
そんな感じでつくられているというのですね。
そういわれてみると、 なるほどそうかもしれません。
まず、 都会では特に物理的スペースがとても小さいので、 人同士の距離が近くなりますよね。
全体的なスペースが小さいということもあり、 できるだけ解放感が感じられるように オープンな間取りが増えています。
みんなそれぞれが 職場や学校に出かけていて、 家族みんなが家にいるのは 一日の内の数時間という、
これまでの通常パターンであれば こんな感じで ほど良い距離感だったと思います。
在宅でテレワークやテレ学習が 当たり前になってくると、 ちょっと、きゅうくつ感が出てくるかもしれないですね。
これからはきっと、 それぞれのマイスペースをもつことが 大事になってくるのかなと思います。
これから家を建てる、改築する人は、 そういう意識を持たれるといかがでしょうか。
もちろん、 既存の空間の中で、 インテリアコーディネートの工夫でできる マイスペースづくりもありますよ。
お家時間をいい時間にしていきましょう!
個別のご相談も承っていますので、 どうぞ気軽にお問い合わせください^^
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。
現在、お問合せいただいた人に 無料プレゼントもご用意しています。 長く愛着をもって住み続けられる住まいづくりをしたい人に 特におすすめです(^o^)
【概要】在宅時間が長くなってきそうなwithコロナ時代。 インテリアコーディネートのちょっとしたルールを知ってお家時間を居心地良くしましょう!