ナチュラルメイクに学ぶ、心地良い部屋づくりルール

先日ラジオを聴いていたら、 ユーミンこと松任 由実さんがメイクについて、
「ナチュラルメイクは何もしないことじゃなくて、  ナチュラルに見せるためにいろいろ工夫すること。  ナチュラルと草ぼうぼうは違う。」
というお話をされていました。
それを聞いていて、 インテリアコーディネートの「さりげなさ」が 思い浮かびました。
ちなみに、 私は、さりげないインテリアをいつも心がけておりまして、 「さりげなくて居心地がいい」といった感想を よくいただいております^^
さりげないインテリアというと、 そんなに気を使わなくてできそうで、 気軽で簡単そうに思われる人もいるかもしれないです。
ところが、 長い間インテリアコーディネーターをしておりますが、 「さりけない」ということほど、 気をつかうもの、難しいものはないです。
「さりげない」は別の言葉で言うと、 「気にならない」ということだと思うのです。
気にならないということは、 全体のバランスが絶妙な結果だと思うのです。 それは、結構匠の技だと思うのですよ〜。
長い時間を過ごす住宅のデザインの 大事なルールのひとつとして、 〈飽きない〉〈疲れない〉というのがあると思うのです。
そのためには、 さりげないデザイン、 さりげないインテリアコーディネートを大事にしたいです。
—————- インテリアデザイン、 インテリアコーディネートについての ご相談・お問合わせは、お気軽にどうぞ(^o^)
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。 気軽にお問い合わせくださいませ。
今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントしております! ————–