和のインテリアコーディネートにも使える、幸せ時間をくれる道具たち

七十二候では 『天地始粛(てんちはじめてさむし)』となりました。 暦の上では暑さが静まる頃です。 暑さは続いていますが、9月が目前となってきて、 早くも秋の味覚が楽しみなこの頃です。(*^_^*)
昨日のNHK 《世界は欲しいモノにあふれている》ご覧になりましたか? 日本の手作りの台所道具が紹介されていました。
一枚の銅板をたたいて造るやかん、 鉄をたたいてつくる刃物、 漆器、 南部鉄器 など。
似たものが機械で大量生産できる中で、 こういう昔ながらの手作業のものも造られていることが とても嬉しいし、ありがたいことですね。
日本の宝です。
人の手で丁寧に作られたものは、 それを使う方も、 やっぱり大事に丁寧に・・・ という気持ちにさせてくれます。
それって、 ちょっと幸せな気持ちですよね^^
見ていて おやっ? と思ったのは、 漆の工房に訪ねて来たアメリカ人の料理研究家の人が
「油がよくないかなと思って、 漆の器にサラダは入れないことにしている。」と言って、 職人さんが 「全然大丈夫ですよ。」と言っていた会話。
私は金沢生まれで、 子供の頃から漆器を日常的に使っていましたので 漆器に対して、そんなに特別感はないのですが、 一般的には、 こんな風に思っている人が多いのかな・・・ と、意外に思いました。
和のインテリアコーディネートの中で 漆を使うこともあるので、 そんな関係で以前聞いたことがあるのですが、 漆はガラスみたいなものなのだそうです。
だから、 水も油もしみこまないし、洗剤も普通に使える。 硬いものでこすったりすると、傷がつく。 そういうものだそうです。
ガラスと一緒だと思うと、 気がラクになりませんか?
ガラスの器は落としたら割れますけれど、 漆器は落としても割れない点では、 ガラスより気軽かもしれないです^^
漆器は 手触り、口触りが柔らかくて、すごくいいです。 慣れたら手放せなくなりますよ〜。
ぜひ、気軽に使ってほしいです。
写真は愛用の漆のお盆。 しっとりとした手触りがとても気に入っています^^
インテリアコーディネート、インテリアデザインについての 個別のご相談を承っておりますので、 気軽にお問い合わせくださいませ。
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。 ————- 今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントしております! ————–
【概要】丁寧に作られた手作りの和の道具たち。使う方も作り手の気持ちに応えたくなります。 和のインテリアコーディネートにも使えます。