昨晩のクールに輝く満月、とてもきれいでした。

昨晩は満月でした。
全国的に晴れのところが多かったので、 輝くお月さまをご覧になった人も たくさんいらっしゃったと思います^^ 私もみました。とっても明るかったです。
月の光の色は、すこーし青味のある白で、 「月白(げっばく)」という名前がついています。
ちょっとクールな感じのする白ですね。 他に類するもののない月という存在に似合っている気がします。
白という色は、 あまり存在を主張しないので、 白といってもいろいろな白がある と言われても ピンとこないかもしれません。
月白(げっばく)はわずかに青みのある白、 その他に、 少し黄みががったミルクのような白(乳白色) や 霧のように灰ががった白(灰白色) 雪のような真っ白、スノーホワイト
などなど・・・。 他にもあります。
それぞれを単色でみていると たいした違いはないように思えるのですが、 インテリアコーディネートの中で色あわせをすると、 そのぞれの個性の差はすごく大きいです。
青はやはり青を含んだ白と合わせると すっきりとまとまりますし、
黄みの白は、やはり暖色系の色と合わせると ふわりと柔らかく良い感じになります。
もちろん例外もありますけれど、 これが 基本的な色の合わせ方のルールだと思います(^o^)
素直な色合わせの部屋は、やはり居心地がいいですよ。 長い時間いても疲れません。
改装などで色選びにお困りでしたら ご相談を承っていますので、 気軽にお問い合わせくださいませ。
また インテア相談ご希望の方は、 よろしければ、こちらもご覧ください。 ⇒http://www.healing-sumai.com/advice/ ————— 今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントしております!
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。 —————-
【概要】存在感を主張しない色、白。実はバリエーションが豊。 上手に選ぶことでインテリアコーディネート出来栄えがグンと上がりますよ(^o^)