葉っぱが先生、インテリアコーディネートの色づかい

秋の葉っぱ達の色は とってもバリエーション豊かです。
そして、 それらの色の和名も とてもバリエーション豊かで美しいです!
枯葉のことを 朽葉と表現しているのですが、
その朽葉の色の名前は 青朽葉・黄朽葉・赤朽葉など、 「朽葉四十八色」と言われるほど 細かく特徴をとらえて表現されています。
1枚の葉っぱの中に、 いくつかの朽葉色が繋がりあっていて、 それは、それは美しいです。
こんなにたくさんの 色名がつけられたということは、 昔の人は、 季節の色にとても敏感だったということですね。
お庭の景色を 部屋の飾りとして楽しむことも 日常のことだったと思います。
なので、 伝統的な和風建築は そのお庭の木々や花の色を活かすために 壁などは抑えた色合いが ちょうどよかったのではないかと思うのです。
インテリアコーディネートの色は トータルなバランスが何より大事です(^o^)
朽葉達の色合いには、 インテリアコーディネートの色づかいのルールが 詰まっている気がします。
すばらしい先生です!