和のインテリアコーディネートに心なごむ理由

朝晩の冷え込みが厳しくなってきたせいか、 街路樹も、公園の木々も、 ほんとうに美しく紅葉してきました。
例年であれば、 金沢市内では、 お庭を観ながらのお茶会など あちらこちらで開かれる季節です。
今年はウィルス感染の影響で 残念ながら中止のことが多いようです。
ところで、 お茶室のお庭にはよく、 ソフトボール大くらいの石に 縄を十文字にかけたものが置かれています。 ご覧になったことありますか?
あれは、 関守石といって、 そこから先は入らないでほしい という意味です。
あの石をみるといつも、 日本文化の優しさに心がほぐれる気がします。
小さな石なのでどけることもできますし、 踏み越えることも簡単です。
でも、 みんなそこでUターンします。
石を置く側も 庭を歩く側も、 お互いに信用しているので成り立っています。
和のインテリアコーディネートの中でも使われる 日本の間仕切りは たいてい、こんなふうに、 お互いの信用の上に成り立っています。
そういうのが、 和の住まいの 優しい雰囲気をつくっているのかな・・と思います^o^
インテリアコーディネートについての ご相談、お問合わせなど、 気軽にお送りくださいね。
お問合せ欄は、 このホームページの「会社概要」のところにございます。
今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントしております!
また インテア相談ご希望の方は、 よろしければ、こちらもご覧ください。 ⇒http://www.healing-sumai.com/advice/
【概要】茶庭に置かれている関守石。人と人の信頼の上に成り立つゆるい間仕切りです。     こういうゆるさが和のインテリアコーディネートを心なごむものにしています。