心なごむテーブルのあるインテリアコーディネート

年内や来春に引っ越しの予定で、 今まさに家具店まわりをしていらっしゃる人も いらっしゃると思います。
家具店にあるダイニングテーブルの素材は、 ナラ(オーク)、タモ、メープル、ウォールナットのいずれかが ほとんどだと思います。
先日、 杉のテーブルをみかけまして、 珍しいなー・・と思いました。
杉はとても柔らかいので、 食器を置いたり動かしたりする際に 凹み傷がつきやすく、 テーブルに使われることって、 とっても稀なのですね。
珍しいなーと思いながら 撫でまわしていまして、 傷はつきやすくて、ちょっと気を使いますけれど、 こんなテーブルもいいな・・・と思いました。
手触りが柔らかくて温かいです。
家の中の家具で 手を触れる時間が長いのは 椅子のアームかダイニングテーブルではないでしょうか。
柔らかくて温かい・・は とても気持ちがいいですよね。
傷を防ぐために ランチョンマットや コースターを常備していつも使う習慣にすれば、 それらの色の重ね方で季節感も楽しめたりもします^^
ちなみに 杉は赤い色のところと白い色のところがあります。
どちらの色も 黒とかこげ茶色とか、暗めの赤色とか、 渋めの色と相性が良いです。
ちょっと和を意識してインテリアコーディネートすると、 素敵になると思います^^
画像は杉のお弁当箱です。
【概要】手触りが柔らかくてあたたかい木・杉。     傷はつきやすいけれど心なごむテーブルになります。     渋めの和の色と相性がよく和のインテリアコーディネートにおすすめ。