元気になる秋色インテリアコーディネートならこの色で!

11月も後半にはいって、 もう晩秋の雰囲気になってきましたね。
金沢市内の木々色も 緑朽葉色や黄朽葉色から赤朽葉色へと主役がうつりました。
赤色に紅葉する木といって思い浮かぶのは まずはケヤキ、そして桜もそうですね。
もうひとつ、 個人的に毎年楽しみにしている赤い紅葉の木が ドウダンツツジです。
小さな葉っぱがぎっしりついていて、 それが見事に赤くなって、本当にきれいです (*^o^*)
金沢市内で有名なドウダンツツジというと、 寺島蔵人邸のお庭です。(写真: 金沢市ホームぺージより)
ここのドウダンツツジは 真っ赤でなく、 オレンジ色系のまさに伝統色の赤朽葉色で やわらかく、それでいて心が華やかになるような素適な色です。
1本の巨木はよくみると、 以前に病気でもしたのか、 本当に細い幹が地面に届いているだけで、 添木で支えられて立っているのがわかります。
あの様子をみると、 木の生命力に感動します。
あの状態で何年も私たちを楽しませてくれているのは、 きっと、たくさんの人から 「きれい」「すてき!」「すばらしい!!」とかの 幸せな言葉を毎年たくさんもらっているおかげではないかと 私は思うのです。
そのくらい奇跡的な姿なので、 金沢に来られたら、ぜひ、会いに行ってくださいませ^^
インテリアコーディネートの色としての赤朽葉色は いろいろな色と相性が良く、 本当に使い易く、ありがたい色です。
特に、 茶色や渋い黄色、渋い緑色などとの相性が抜群で、 まさに 和の秋色コーディネートの中心をなす色といえるかと思います。
個人的にも大好きな色で、 この色があってよかっな・・・・って思うのです^^