インテリアコーディネートでホンモノの住まいづくり

「家」と「住まい」という2つの言葉、 特別区別せずに使われていますが、 私は、分けて考えています。
「家」というのは、 住むための建物です。 それだけでは、まだ住めない状態です。
その中に、 家具とか寝具とかカーテンとか灯りなど、 暮らしに必要なものを、バランスよく美しく入れて、 住める状態になります。
これが「住まい」です。
一般の人(家を建てる・買う人)からみたら 家と住まいの境界線は 全然わからないことと思います。 一体のものですよね。
家づくりを頼んだら、 「住まい」ができる・・・と、思いがちですが、 実際はそうではないです。
工務店さんやハウスメーカーさんなどの 家をつくるプロは、 家づくりに一生懸命取り組んでくれるけれど、 住まいづくりはしないのです。
家ができた! ら、 居心地よい住まいにするまで、もう一段階あります。
ぜひ、 家づくりでなく、 「住まいづくり」を目指していただきたく思います!
家を住まいにする段階は まさにインテリアコーディネートです。 「住まいづくり」のご相談を承っています。
このホームページの 「会社概要」のところに お問合わせ欄がございますので、 気軽にコメントをお寄せくださいませ(^o^)
インテア相談ご希望の方は、 よろしければ、こちらもご覧ください。 ⇒http://www.healing-sumai.com/advice/