さりげないから心地よいインテリアコーディネート

寒くなってまいりましたね。
近くの街路樹はほとんど葉っぱを落として、 越冬の準備を整えています。
葉っぱを豊かに繁らせている姿も 生命力あふれていて、とても美しいですが、 枝の形がみえる姿も好きです。
「おぉ・・・この木はこんな形をしていたのか・・・」 と、この季節になるといつも思います。
木の枝の広がりの形は、 その一部を切り取った形と、全体の形は 同じような形をしていますよね。
こういうものをフラクタルといいます。
木の枝の広がりの形の他に、 雪の結晶の形とか海岸線なども フラクタルなのだそうです。
共通点として、 ずっと見ていられるような心地よさがあります。
さりげなくて、 身近にあって邪魔にならず、 なんとも心地よいです。
住まいのインテリアコーディネートの色も形も こういうが理想だな・・・といつも思っています。
【概要】木の枝の拡がりの形や雪の結晶の形など、自然界のフラクタルには    ずっと見ていられるような心地よさがあります。    インテリアコーディネートの色も形も、こうありたいです。