眠りの質が変わる!自然素材のインテリアコーディネート

真冬のような寒さになっておりますが、 元気でお過ごしですか?
新型コロナはもちろん、 風邪やインフルエンザに負けないように、 しっかり免疫力を上げておきましょう!
そのためには、 しっかり睡眠をとること。
睡眠環境を上げることについての 興味深い調査結果があったので ご紹介しようと思います(^o^) (慶応義塾大学 伊香賀研究室の調査)
室内の仕上げが 人工素材か自然素材かによって、 睡眠の質が違ってくるらしいのです。
(1)床を木目柄ビニール(天井は白クロス)、 (2)床と天井を木目柄ビニール(視覚が自然風)、 (3)自然素材のスギ無垢材の部屋(視覚も香りも自然)
の3タイプの部屋に 大学生を振り分けて3泊してもらったところ、
(3)の自然素材の部屋に泊まったグループでは ノンレム睡眠(深い眠り)の時間が (1)のグループに比べて25分も長くなるなど、 鎮静効果がみられたそうです。
そして、 興味深いのは (2)視覚が自然風 のグループでも (1)より鎮静効果がみられたということ。
やはり、 みためも重要なんですね!
寝室環境を整えて、 コロナ禍とこの冬を みんなで乗り切っていきましょう!!
お住まいのイメージづくりや 色、素材選びなど、 インテリアコーディネートのご相談を 承っています。
気軽にお問い合わせくださいませ。
このホームページの 「会社概要」のところに お問合わせ欄がございます(^o^)
(写真出典:マルホン ウェブサイト)
【概要】寝室内装に自然素材を使うと睡眠の質がぐんとUPします!    しっかり睡眠をとって免疫力UP、健康寿命を延ばすインテリアコーディネートです。