和の美 伝統建築技術は世界の財産!

昨晩、嬉しいニュースがありました!
日本の「伝統建築工匠の技」が ユネスコの無形文化遺産に登録されました!!
「伝統建築工匠の技」とは、 伝統的な木造建築物を受継ぐための伝統技術のことで、
木工の他、 瓦や茅葺の屋根、建具や畳の製作、 仕上げの漆塗りなど、 17の分野が登録されたということです(^o^)
インテリアコーディネーターとして、 20数年間にわたって家づくりに携わる中で、 そういった高度な伝統的な技術が必要な場が 少なくなっていることを ひしひしと感じてきました。
家の多くのパーツが 工場でつくられたものになってきたからです。
そうなると、 優れた技術をもった職人さんがいなくなります。
実際、 ものすごく少なくなっていると思います。
でも、 今年、ちょっと希望を感じることに出会いました。
能登の七尾市の ある文化施設の茅葺の屋根を葺き替えている最中に たまたま訪れたのですが、
葺き替えている職人さんが30代くらいの 若い方でした。
それで、 きっと、高山からこられてるのだろうな・・・と 思ったのですね。 (高山は茅葺屋根が多い白川郷が近いので。)
で、聞いてみたところ、 なんと、金沢の業者さんだと聞いて、
若い職人さんの中に こういう伝統技術を身に付けている人が 増えているのかも・・・と思いまして、 すごく嬉しく思いました*^^
今回の登録で 伝統建築の技術に関心が高まって、 その流れが加速するといいなーと 期待しています(^o^)
———— 私は、和の意匠を取り入れた インテリアコーディネートを得意としております。
和のインテリアコーディネートがお好きな方、 気軽にお声をかけていただけたら嬉しいです。
このホームページの 「会社概要」のところに お問合わせ欄がございますので、 気軽にコメントをお寄せくださいませ(^o^)
今、当ホームページからお問合せいただいた人に 和に学ぶ快適空間づくりのヒント集を 無料でプレゼントしております!
 (↑和の家のためのヒントというより、  和の知恵を洋に活かすためのヒントです^^)
【概要】「伝統建築工匠の技」がユネスコの無形文化遺産に登録されました!! 和の建築の美を伝えてファンを増やすことに和のインテリアコーディネートで貢献していきたく思います。