心癒される和の言葉と色

美しい日本の言葉と、 その言葉を配色で表現したすてきな本をみつけました。
「かすみたつ」 「かぐわし(香し)」 「さやか(清か)」 とか、 まず、言葉がすごいキレイ。
配色も、なるほど・・・と思うような配色で、 おもしろいです^^
「かすみたつ」は、 色の上に 半透明な淡いグレーの布をかけたような、 いかにもぼんやりとして、 心を休ませているような色ですし、
「香し」は 甘い香りがただよってきて 幸せな気分にうっとりしそうな色合いです。
これは手元にあった水引の栞。
どんな言葉が頭に浮かびますか?
私は この配色はきっと早春に似合う言葉だな・・・ と思って本をみてみると・・・ありました^^
「芽ぐむ」という言葉のグループに、 近い配色がたくさんあります。
「芽ぐむ」というのは、 木が春の兆しを感じて芽を出し始める様子のこと。
確かに、 この色をみていると、 ちょっと気がはやいですけれど、 春のわくわくする気持ちになりますね♪
色と心のつながり、おもしろいですね^^
インテリアコーディネートの色は ボリュームが大きいものであることも多いので、 その作用も大きいです。
丁寧に考えて 快適環境をつくりましょう!
【概要】美しい日本の言葉とその言葉を配色で表現した本かをみていると、    心と色のつながりの深さを感じます。    インテリアコーディネートの色は丁寧に選んで快適環境をつくりましょう!